「リアリズム」の理論とは何か?

「リアリズム」の理論とは何か?
~ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇』から読み解く~
[リアリスト評議会)ブログよりhttp://www.realist.jp/mea2.html転載

イデオロギー対決の議論はもうやめませんか?

日本国内の、いわゆる「リベラル派」といわれている人達の
"背信"ぶりにウンザリしたこと・・・ありませんか?

米国にもリベラルたちはいますし、
その代表格はNYタイムズ紙ですが、
彼らのような米系メディアは、とかく「人権」という話を振り回しがちです。

しかし、日本のいわゆる「リベラル派」の一部とは違い、
米国のリベラル達は「売国」ではありません。

米国のリベラル派の人達は、
「リベラルであることそのもの」が目的なのではなく、
あくまでも「国益」の追求のためにリベラルを装っていたりします。

私が、なぜ日本国内の「リベラル派」のことが嫌かというと
彼らが単細胞なリベラルであり、そして、何と言っても「売国」だからです。


日本の政治的構図は、基本的に、保守vsリベラル(売国)の図式です。

アメリカMITの政治学者であるリチャード・サミエルズ教授は、
日本の政治思想を4つに分類しています。

このマトリクスは、「保守vsリベラル」の軸に
「タカ派とハト派」の軸を足したものです。

保守は親米であり、リベラルは反米であり、
それぞれタカ派とハト派にわかれます。

1:普通国家(親米タカ派)
  小泉、安倍、石破、昔の小沢一郎

2:ミドルパワー国際派(親米ハト派)
  河野洋平、寺島実郎、宮沢喜一

3:平和主義(反米ハト派)
  社民党、共産党

4:新自主独立派(反米タカ派)
  石原、西部、小林よしのり

このサミエルズ教授のマトリクスでは、単純に<親米=保守>の構造にはなっていません。

(4)の新自主独立派の反米というのは、(2)や(3)のような、「親中」ではありません。

このマトリクスでは、これまで、日本国内で行われて来た、
「保守vsリベラル」という、実質的に形骸化した、
世界的な基準で見れば、歪で滑稽な議論とは一線を画しています。

しかし、ここでこの4分類以上に重要な概念をご紹介したいのです。

それが、「リアリズム」学派と呼ばれる人達の考え方です。

国家の安全保障、その判断をするために必要な概念は、
何度も繰り返すようですが、

「保守か?リベラルか?」

というイデオロギーの問題ではないのです。「パワー」という要素が入るのです。

政治勢力を語るにはイデオロギーだけでなく、パワーをめぐる勢力争いを知ることが不可欠なのです。

             -*-*-*-


今の日本に、喫緊で必要なのことは
「リアリズム」という概念の理解です。

「リアリスト」は国益の最大化が目的であり、
イデオロギーを一切排除しています。

日本国内のいわゆる「保守」も、
いわゆる「リベラル」も、
相変わらず「イデオロギー」を引きずっています。

イデオロギーに縛られ、我々日本にとって、
本当に必要な安全保障政策を
選び出すことが全く出来ていません。

そしてイデオロギー思考だけで政治を語ると、
またしても判断を過り、あの時のように再び"国難"を招くでしょう。

アメリカにおいても、「リアリスト」学派の人達は、
かつては、ベトナム戦争などにも反対していましたし、
最近では、ネオコン派の人達を、辛辣に、徹底的に批判したりと、
一見すると、<サヨク>な人達なのでは?とも見えてしまいますが、
「国益の最大化」「パワーの拡大」という視点を理解していないと、
アメリカ国内で展開されている、政治的議論の勘所がわかりません。

             -*-*-*-

なぜ、「リアリズム」という概念を、日本に定着させることが重要なのか?というと、
そのことが、日本は、「ミドルパワー」として生きてゆくのか?
それとも、「大国」をめざしてその立ち振舞するのか?
など、そのような<そもそも論>を、戦略的に考えることに直結してくるからです。

これをお隣の韓国を例として考えてみると、
韓国は、ここ最近顕著なように、「反日イデオロギー」が強力な国家アイデンティティとなっている国です。

イデオロギーだけで考えると、これでは国家の選択肢がほぼありませんし、
当然、真の「国益」が見えてきません。
自分の意思で決められる国は、大国(グレートパワー)です。
ミドルパワーの国は大国によって選択肢が狭められているのです。
この選択肢をさらにイデオロギーで狭くしてはいけません。

大国になれないミドルパワーの国、韓国は、反日イデオロギーに汚染されているので
米国や日本側につくという有利な選択肢を持っているのに、
その選択肢を「反日」で狭めてしまっています。

(レベル的には、70年までの安保反対闘争時代の日本のようなものです)

そして、実は、日本も韓国同様、「ミドルパワー」扱いされている国家です。

しかし、日本は経済力も技術力も人口もあるので
ミドルパワーから大国を目指すことも出来る、潜在的ポジションにあります。

現状で、ミドルパワーである日本が取るべき大きな選択肢は、
以下の3つであろうと思います。

▼大国である米国に付く

▼大国である中国に付く

▼自主独立して大国を目指す


もちろん、これらを適度にミックスすればよいのであり、
そして、常に臨機応変に"リミックス"してゆくのも当然のことです。

ですが、この時に「保守」や「リベラル」「反米」といった、
不毛な議論をしている余裕は、もはや日本にはありません。

そして、日本には潜在的な「国力」があるので、
「大国」を目指すという選択肢が十分に可能なのです。

「リアリズム」」がわかると・・・

・イデオロギーだけではわからなかった、
 アメリカ政治の国益の追求への動きがわかります。

・米国政治の思想対立や政策決定要因が分かります。

・米国だけでなく、世界の国家(例えば中国共産党ですら)
 リアリズムで動く様が感じ取られます。
(イデオロギーは共産主義でもリアリズムは存在しているのです)

・日本でも明治維新時のような徹底したリアリズムが必要な現代で
 本当に必要な政策が理解できます。

・イデオロギーに偏った日本の政策議論に、
  全く新しい、別の選択肢をもたらします
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

yoiko00

Author:yoiko00
これでよいのか日本

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
訪問者カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR