奴隷国家からの離脱の方法


田中良昭さんのフーテン老人日記より転載

集団的自衛権を巡る国会審議を聞いて、フーテンは日本がアメリカの属国というより奴隷国家になるなと思った。日本が武力行使を行う要件について、安倍政権は日米同盟が毀損する恐れがある場合を考えている事が明らかになったからである。

アメリカとの同盟関係がぎくしゃくすれば、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されると安倍政権は考えているのである。それなら日本はアメリカの機嫌を損なう訳にはいかなくなり、武力行使の主体的判断を放棄せざるを得なくなる。

かつての岸政権が「基地の提供」というエサを与え、米軍を「番犬」として飼いならし、日本を守らせようとした構図とはまるで真逆の世界が現出する。番犬の命令で日本は動かされ、かつて三島由紀夫が絶賛した沼正三の『家畜人ヤプー』の世界が現実になる。
『家畜人ヤプー』の中で日本人は、白人にて奉仕する家畜に改造され、飼いならされて奉仕の喜びを感じるマゾヒズムの世界に陥っていくが、日米同盟を「死活的に重要」と安倍政権が言う意味は、それがなくなれば日本は死んでしまうと言う訳だから、まさにマゾヒズムの世界である。
日米同盟のやり取りは民主党の岡田克也衆議院議員と岸田文雄外務大臣との間で行われた。岡田氏は「それは重大な発言になる」として再度質問を繰り返したが、外務大臣は「重大」の意味が分からないらしく、同じ答弁を繰り返した。つまり「日本国民を守るために日米同盟は死活的に重要」と繰り返したのである。

昔の社会党ならここで審議を中断させ、徹底抗戦に入るところだと思ったが、そうはならずに訳の分からない答弁が続いて最後はうやむやになった。相変わらず政府側は同じ言葉を繰り返す答弁スタイルで質疑はかみ合わないのである。これが安倍政権の国会運営術というものなのだろうが、その意味不明ぶりを国民に認識させなければ野党の役割は果たせない。

また気になるのは「東アジアの安保環境が厳しさを増している」という点で与野党の認識が共通している事である。本当に現在の東アジアはかつてない厳しさなのかとフーテンは疑問になる。ただただアメリカに煽られて「平和ボケ」した臆病者が針小棒大に考えているだけではないのかとフーテンは考える。

厳しさを増した事例として挙げられるのは北朝鮮の核とミサイル、中国の軍事的台頭、そしてサイバー攻撃などの脅威である。要は北朝鮮と中国が安全保障の脅威という訳だ。しかしその程度の脅威なら冷戦時代にもあって騒ぐほどとは思えない。日本人の肝が細くなっただけではないか。

朝鮮半島で戦争が起きても日本人は震え上がるどこか、それを「天佑」と称して戦争は他の国に任せせっせと金儲けに励んだ。ベトナム戦争でも日本は憲法を盾に派兵を断り、しかし出撃の拠点として金儲けに利用した。同じくベトナム戦争を経済成長に利用してアメリカのカネを吸い上げた韓国は5万人の兵士を出兵させ、5千人が戦死の犠牲を強いられた。

東アジアに最も深刻な危機が訪れたのは1964年の中国の核武装である。北朝鮮の核など比較にならないレベルの脅威である。近隣諸国は当然ながら対抗手段を考えた。インドは10年後に核武装、それに対抗してパキスタンが98年に核武装した。アメリカはこれらの核武装を事実上容認した。

しかしアメリカは日本だけは核武装を許さなかった。そして日本に与えられたのはアメリカの核抑止力である。日本を核攻撃する国はアメリカが核で反撃すると周知させる事で日本の安全は保たれることになった。アメリカの核抑止力は現在も継続してある筈である。だから日本人は中国の核を誰も恐れない。それなのになぜ日本は北朝鮮の核とミサイルを恐れるのか。

それはアメリカが北朝鮮を「ならず者国家」と規定したからである。中国はまともだから抑止が効くが、北朝鮮は国家とは言えない「ならず者」だから抑止は効かないというのである。本当にそれを信じて良いのだろうか。日本は北朝鮮と国交正常化を図ろうとしているが、それはならず者と思っていないからではないのか。しかし日本は核抑止が効かないという理由でアメリカからMD(ミサイル防衛)やイージス艦を買わされた。

そして今度は集団的自衛権を行使しないと守ってやらないとアメリカから脅されているのである。核抑止力があるからと言って核武装をさせてもらえず、次に核抑止力が効かないと言って新型兵器を次々買わされ、今度はあっちにもこっちにも脅威があると言われて、米軍の肩代わりが迫られる。約束が違うのではありませんかとなぜ日本は言わないのか不思議である。

昔の日本は「中立化する」と言ってアメリカを脅した。日本の基地が必要なアメリカは日本の言うなりになった。その結果、日本はアメリカを経済で上回った。それが現在は真逆である。アメリカに脅されてカネを吸い上げられ、米軍の肩代わりまでさせられそうになっている。日本が脅しに屈する臆病者でなかったら、実は今でもアメリカを屈服させることは出来る。 

日本にある米軍基地はアメリカにとってそれこそ死活的に重要だからである。日本が同盟を破棄して基地の全面返還を求めれば、アメリカの軍事戦略は根底から崩壊する。アメリカは日本に膝を屈し、頭を下げて要求を聞き入れるしかない。

フーテンはいい加減な事を言っているのではない。かつて自民党の政治家たちがやったことを最近の軟弱な政治家が怖がって学ぼうとしていないだけの話である。肝の太い政治家が出てくれば日本の立ち位置を逆転させることは可能だとフーテンは保障する。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2017年09月17日 18:45:17

政治家に空手形以上の要求を求めても意味がない。
だいたい北朝鮮が挑発しているってのに、総選挙をやろうってぬかす自民と公明は脳みそが腐り切ったクズ集団でしかない。

トラックバック

URL :

プロフィール

yoiko00

Author:yoiko00
これでよいのか日本

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
訪問者カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR